大学2年生の時に始めて車を運転した思い出

私は大学2年生の時、時間が合ったので自動車免許を取ることになりました。
オートマかマニュアルか選べたのですが、私は2週間で免許が取れるスピードコースで取りたかったので楽そうなオートマにしておきました。
それにこの時家にあった車は父のスカイラインGT-Rでしたので、マニュアル免許を取ったところですぐに自分には乗りこなせないだろうという思いがあったからです。
車に関する知識なんて全然ありませんでしたが、教習内容は驚くほどスムーズに頭の中に入ってきました。
楽しく学べたというのもありますし、意外と私は車が好きだったのかもしれません。
自動車学校に入学してから数日で始めてハンドルを握った時のことは忘れられません。
自分が運転しているというのが信じられないくらいでしたし、この時は教習所内なのに恐怖感もありました。
それから仮免試験やペーパーテストもトントンと合格し、1週間後には路上教習がスタートしました。
1日8時間通い詰めでしたから、とにかく進行が早かったです。
私より前から教習所に通っている幾多の先輩を追い越す勢いでカリキュラムが進んでいきました。
路上も色々な所に行ってワクワクする反面、1人でこんなに運転できるんだろうかと不安になりました。
しかしやはり走っている時は楽しかったし、教習時間が終わりに近づいてくるともっと乗っていたかったなとも思えました。
私はこの後もスムーズに試験や実技をこなし、無事教習プランの最短日数で免許を手にすることができました。
本試験はギリギリで合格したのですが、この時はやったー! と心から嬉しかったです。
免許を取るために毎日必死で教習所に詰めていたものですから、無事手元に免許が届いた時の嬉しさはひとしおでした。
夏休みの間にこんなに頑張ったのは始めてでしたので、いい思い出になっています。

夏の上越の山村を自転車旅行ー車は廃車する流れへ

今年のお盆休みは1泊2日で新潟の上越地方の山村を自転車で旅してきました。自転車を新幹線に乗せ、越後湯沢でほくほく線に乗り換え。虫川大杉駅で降りて、駅前で自転車を組み立てます。ランドナーという古いタイプのツーリング用自転車は折り畳み自転車より少し手間はかかりますが、簡単に組み立てたり分解したりできるのです。

自転車を組み上げると、まずはすぐ近くの駅の名前にもなっている大杉がある白山神社へお参り。国の天然記念物にも指定されている大杉は流石に立派でした。苔むした境内と大杉は神秘的で、周囲は蝉の声に包まれていました。

次に向かったのが近くにある直峰城跡。山城ですから駅から距離は短いですが自転車では苦しいかなりの坂を登っていきます。自転車で登れるのは中腹の駐車場まで。ここに自転車を停めてそこから山頂の城跡まで歩きます。山頂には城は現存していませんが見晴らしが良く、周囲の山村の景色を見下ろすことが出来ました。

山を下るとそこから宿へ。宿は茅葺きの古民家を改造した立派なもので、もちろん夏ですから火は入っていませんが囲炉裏もあり、まるで日本昔話の世界でした。

翌日は上越市大島区にある菖蒲高原へ、またまた延々と坂を登ります。大汗をかいて必死にペダルを踏み、ようやく菖蒲高原に到着。標高700mから見下ろす景色は素晴らしいの一言。眼下に棚田が広がり、その間に集落が点在。そして遠くには日本海がキラキラと輝いています。

ここから標高1000mの峠まで登るとさらに良い景色が堪能できるとのことでしたが、暑さと体力を考え、登りはここまで。次の目的地の松之山温泉まではほぼ下りです。何時間もかけて登った高原をあっという間に下り、ほどなく松之山温泉に到着。日帰り温泉でゆっくりと汗を流しました。

温泉から出ると食事をとり松代駅まで最後のひとっ走り。駅に着いて自転車を畳んで、山村の自転車旅行は終了しました。

暑かったし上り坂はきつかったですが、青々とした棚田の風景や山村ののどかな空気に触れ、思い切りリフレッシュできた旅でした。

今は車の車種にこだわらない日本人が増えてきたように感じています。

また保険代、駐車場代の固定費を削減する為に廃車することになった人も多いのではないでしょうか?

廃車の手続き方法

私がおすすめの廃車の手続きも参考にしてもらえればと思います。

車に乗ってどこまでも。山道行脚で水晶の眠る地へ。

車を購入して、一通りドライブや旅行を済ませましたが、だんだんと自分一人だけで行く旅行の面白さにはまってしまいました。

最初は旧跡めぐりや、単独旅行をしていましたが、自分だけの秘密の場所で尚且つトレジャーハンター要素も含む旅がしたいと常々思うようになり、ならばと整備された街中ではなく、山道へと進路を決めました。ただ今まで乗っていた車は大型のSUVだったのですが、そんな車で林道という場所は走行できません。そこで維持費もかかっていたので小型の軽SUVに乗り換えました。

仲間にはなんでまた軽なんかに?と言われましたが、小回りが利きバイクで走るような道を車で走るわけですから、当然小型な機動性が求められるわけです。そんな山間部めぐりが半年ほど続いたのですが、ふいに立ち寄った沢には、きらりと光るガラスのような物があちらこちらに落ちていました。

こんなところまでガラス?と思い手に取ってみると綺麗な結晶化した水晶でした。
まさかの水晶の群生地を見つけてしまったわけですが、持って帰るのも忍びないのでその日はそっとそのまま帰りました。しばらくは仕事で行けなかったその沢も、夏になり水が少し枯れ気味になって沢の水が落ちてきていましたが、今まで滝の裏だった場所にはそれは綺麗な水晶の群生がありました。
水しぶきと、太陽の光と水晶のプリズムがまさに自分の世界だけを作ってくれました。
今もまだその場世は健在ですが、もし私がそれを持って帰ってしまうと、その場所は何百年もかけないと同じ姿に戻らないので、決して口外はしていませんがたまに嫌なことがあると、車に乗り数時間かけてその場所でゆっくり折りたたみいすを広げ、コーヒーを飲んでいます。
空気が凛とした表情で包まれているのですごく落ち着ける私だけの空間ですが、誰かに見つからないかいつもハラハラしていますが広い山奥の中に見つけた私だけの宝の場所は、きっと車を入れ替えた際に相棒の軽が見つけてきてくれたのだろうと感じています。

お小遣いは一人の時間のプチ贅沢に

私の月のお小遣いは五千円です。生活費は主人から毎月現金でもらっており、その中から出しています。正直、もっと使えばとか、お金足りてる?と主人から言われるのですが、欲を出せばきりがないし、なるべく子供に使いたいので5千円にしています。恐らく大人の女性としては少なすぎ!と思われるかもしれません。でも、基本薄化粧で服もあまり買わないので、案外なんとかなっています。

とにかく一番の趣味は食べることなので、その欲求は毎日の食事を自分好みに作ることでだいぶ満たされています。でも、まだ幼児の子供二人と毎日長時間過ごしていると、月に何回かは煮詰まってしまう時があるのです。とにかく一人になって、好きなものでも食べて、ボーっとしたい!と無性に思います。そんな時は土日などを狙い主人に子供を預けてお小遣いで一人ランチかディナーに行きます。

独身の頃はラーメンめぐりが大好きだったので、だいたいは近所のラーメン屋に行きます。幸いラーメン屋の多い地域なので、気分によって3~4件の中からチョイスします。そしてその後は時間があればカフェに寄って甘いものでも食べながらまったりとします。大体かかっても1500円行かないくらい、時間にして2時間ほどですが、とってもこれが楽しくてリフレッシュ出来て、自分にはとても贅沢なんです。とにかく一人で行く事がミソです。一人の人間として街を歩いたり店に入ったりすると、ゆっくりと物事を考えることが出来、心がとても整理されて落ち着くのです。家族に対する愛しさも、改めて湧いてきたりもします。

残った分は、子供とサーティーワンを食べたり、ママ友とランチに行く時の足しにします。本当に食べることにばかり使っている気がしますが、これが何よりのストレス発散であり、自分へのご褒美です。